とっておきの相手とは

実際に浮気があったとしても、3日の間に浮気が発覚しなければ、浮気の証拠がつかめないまま、専門的な調査は完了となり、成功報酬を請求されるのです。

不倫した場合の慰謝料の相場は200万円前後ですが、ケースによっては50万円程度ということもありますし、400万円くらいまでになることもあります。

実際は、離婚はしなくても慰謝料を請求することはできますが、その金額は少なくなってしまうでしょう。

それに、不倫した相手が配偶者との肉体関係を認めないときには証拠が必要とされます。

どの人からみても明らかな浮気の証拠がなくてはいけません。日頃、相手の行動の様子を観察するのは他人に頼まなくても可能ですが、浮気を決定づけるような動かぬ証拠を入手するためには、専門職としてノウハウを持っている探偵に頼んだ方がトラブルの心配もなく、安心です。

そして、探偵に頼む場合、浮気の証拠を収集してもらうだけにとどまらず、豊富な経験にから様々なアドバイスをもらえるということも、貴重なことです。

浮気現場の日時がわかっていると、ぞの分の調査期間を必要としなくなるため、調査費用のお財布への負担を減らせるのです。

だからといって、浮気の日時を把握していても、見知っている人にお願いして証拠の写真をゲットしてもらおうとしたって、成功することはほぼないはずです。

知られずに証拠写真を手に入れるには探偵を雇うのが賢明でしょう。

浮気をしている事がSNSを通じて把握できることもあります。コミュニティ型のWebサイトでは実名を伏せるのでパートナーも注意が足りずに、個人が特定される事はないと安心して私生活を公表している事がありがちでは、ないでしょうか。
わくわくメール

場合によっては、浮気を証明する根拠となる行動をネットにアップしてしまう事もあるのです。

相手のアカウントを知ることができるなら読んでみて下さい。探偵による調査は高額ですから、自分でやってみようとする人もいるものです。

難なく尾行しているようにテレビドラマを見れば思ってしまいますが、現実とフィクションは違うもので、失敗してしまえば尾行は完遂できなくなるので楽なことではないといえます。

こちらの行動がバレてしまうと、相手は手を打つので、浮気をウヤムヤにされてしまう場合だってあります。

カテゴリー: 未分類 パーマリンク